医者 彼女いない

↓【限定キャンペーン】お得なクオカードプレゼント中↓



彼女がいないお医者さんにおすすめの彼女を作る方法

「医者」になるのは大変です。とても生半可な気持ちでは医師免許は取得できないでしょうし、そもそも医学部に入ることすらできないでしょう。医者として働いている人は、みなこのような数え知れない努力をしてきたのです。

 

そんな「医者」は、頭がいい、高収入であることから女性の人気は高いです。しかし人気が高いにも関わらず、医者は「彼女がいない」もしくは「長続きしない」人が多いです。モテる職業でありながら彼女がいないのは、なぜなのでしょうか。

 

医者に彼女がいないのは「忙しさ」と「理想の高さ」が原因

 

そもそも医者になるためには、六年制の医学部を卒業して試験に受からなければなりません。つまり、どんなに早くても24歳までは学生なのです。医学部に在籍中、試験に受かるまでは恋愛どころではないでしょうし、いざ医者として働くようになっても、しばらくの間は覚えることが山積みです。休みもあってないようなものですし、医者は「忙しすぎる」故に「彼女を作る暇もない」のが現状でもあるのです。

 

仕事に少し余裕が出てくる頃には30歳を超えていますし、そうなると相手の女性に対する理想も出てきます。「医者である自分にふさわしい女性」を探すようになるのです。この理想が高すぎるのも、医者に彼女ができない原因の一つだと思います。

 

そんな忙しくて理想の高い「医者」が彼女を探すのなら、「ダブルプレミアム」という出会い系サイト、マッチングサービスを利用してみてください。ダブルプレミアムに登録できる男性は医者などの限られた職業の人、もしくは年収が800万円以上のハイステイタスの人のみです。女性は客室乗務員(CA)のみという「登録者を限定」している他にはないサービスを展開しています。

 

女性が現役の客室乗務員だけなので、理想の高い医者の人でもきっと良い人が見つかると思います。男性が利用するためには月額料金がかかりますが、月に5人は異性を紹介してもらえます。忙しくて自分でマッチングできないという人も、ダブルプレミアムを使えば彼女を見つけることはできるのです。

 

次のページは、客室乗務員と出会える結婚相談所「ダブルプレミアム」についてご紹介します。